送られてきたアライグマ2体の目立つ‘脱毛症‘は4箇所ほどあり、そのほかにも10箇所ほど小さなほころびが見えました。症状からみて、同色系の毛糸で‘植毛‘し、生地裏側から補強処理を施せば、ほぼ元通りにます。それにしても、赤ちゃんの時から8年ほどの使用で痛みは激しいです。おそらく、お子さんは毎日のようにそばにおいて大切にしていたことが推測できます。人形に腕を差込み、お父さんやお母さんと人形劇を楽しんでいたのかもしれませんね。親子の絆を感じさせる‘脱毛症‘です。

アライグマ

治療後