「縫い付けてある洋服がぼろぼろになってしまっているので、その洋服を交換していただきたい。また洋服とおそろいの帽子も交換したいです。顔や手足は汚いですが、それは現状きれいになればいいですが、顔の雰囲気が変るようであれば、そのままにしたい」と要望がありました。
修理が可能なことを連絡、洋服が同じ物があるかどうか、現物を見て生地を探してみることにした。現物を見ると、傷みは相当ひどい。修理方法の2案をメールした。1つは体の部分を解いて、洋服の生地を取り替え現状と同じにする。もう1つは、現状のままで新しい洋服を上から着せる。中には入っているペレット(プラスチックでできたツブツブ状のもの)を大部分出てしまっている様なので補充しました。

うさちゃん

治療後