届いたおさるさんと一緒に手紙が同封してあった。「毎日、どこへ行くにも一緒なので、毛が所々抜けてしまいました。それとおなかの部分ですが、不注意で焦がしてしまいました。家族同然に過ごしているため、かわいそうで仕方ありません。自分の不注意を後悔するばかりです」と。
 その後、電話で「自分の不注意で、、」と、いやに反省しているようなので、「どうしたのですか」と聞いたら、「洗ってドライヤーにかけた」ところ、胸を焦がしてしまったという。それじゃ胸が痛むはずだ。洗濯機でがらがら・自動乾燥機でブワーッとやってしまう人が多く、病院にも何人か訪ねてきている。ぬいぐるみは全体に痛み、生地も弱っていたので慎重な修理が必要。
生地、その他の使用素材にもよるが、ぬいぐるみを洗うときは、薄めの洗剤で軽く押し洗いをすし、陰干しをし、乾いたらよくブラッシングをすること。ドライヤーをかけたり乾燥機などは使わない。洗濯機を使わなければならない時は、せめて遅い回転にしたほうがよいと思う。

ドライヤーでやけど 

治療後